ミノキシジルって何?

ミノキシジルってどんな成分?

現在、数多くの薄毛対策商品が発売されていますよね。
育毛剤、発毛剤、育毛シャンプーや育毛グッズ・・・。
薄毛やハゲには遺伝や老化の他にも様々な原因がありますので、それぞれに対処するためにアレもコレもと試している人も多いでしょう。

 

しかし、現在育毛に効果があると認められ、治療薬として処方されている成分は意外と少ないです。
日本では現状、この「ミノキシジル」と「フィナステリド」のふたつになります。

 

ミノキシジルとは?

ミノキシジルは、もともと血圧降下剤として処方されていました。
血管を拡張して血流を活発にすることで、血圧を下げることができるので、高血圧の薬として広く使われていました。
しかし、この薬を使用していた人の多くに毛が生えてくるという副作用が見られたことから、育毛や薄毛への応用が研究されるようになりました。

 

そして1980年代に米国アップジョン社(現在のファイザー社)によって開発されたミノキシジル系の発毛剤が「ロゲイン」です。
その効果の高さから一気にミノキシジルの名が、薄毛に悩む方の間に知られることとなったのです。
それに連れて、米国を始めとする世界中で、ミノキシジル系の発毛剤・育毛剤が発売されるようになりました。

 

日本では1999年に大正製薬がミノキシジル配合の「リアップ」を発売し、その後も医療機関によるAGA(男性型脱毛症)の治療にも用いられるようになっています。
現在のAGA治療では、このミノキシジルとフィナステリドでの治療が主流となっています。

 

開発の経緯をみても分かるように、もともとは高血圧用の薬の副作用の応用です。
何故ミノキシジルによって毛が増えるのかは、詳しくは解明されていません。
しかし、その効果は他の成分より確かなものであり、かつての育毛・養毛成分とは比べ物にならないほど信頼を得ているのです。

 

ミノキシジルを使用した育毛剤にはどんなものがある?

ミノキシジルを配合した育毛剤には、直接髪や頭皮につけるタイプの外用薬と、タブレット状になっている内服薬とがあります。
医療機関では、医師の診断によって適切なものが処方されますが、一般の薬局でも薬剤師の指示によって購入することができます。
また、海外で発売されている商品を、個人輸入という形で購入する人も多いですね。
輸入薬品を扱っている小売店や通販で購入することもできます。

 

フィナステリドとの併用が定番!

医療機関でのAGA治療でも広く使用されるのが、ミノキシジルとフィナステリドとの併用です。
フィナステリドは、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える働きがあります。
フィナステリドでAGAの原因を抑えながら、ミノキシジルで育毛・発毛を促進するというのが、現在の薄毛・ハゲ対策の主流となっているのです。